オススメ「SUP 」を楽しむポイント!沖縄の紺碧の海と空をひとりじめしよう!

SUP

1年程前から気になっているSUP。

リーフエッジまで遠浅でエメラルドグリーンの穏やかな海を見ていると、水上を歩いて行けそうな感覚になりませんか?

それが実現してしまうSUPに注目が集まっています。
mimozaも体験したいと思いながらなかなか機会がないのですが、あのビーチをSUPで渡れたら気持ちよさそうだな〜という場所が沖縄離島にはいっぱい!

そんな「SUP]を楽しむポイントを探ってみました。

 

スポンサーリンク

SUPとは?

SUP(サップ)とは、スタンドアップ・パドル・サーフィン の略。

ハワイで数年前から地元の人達の間で、サーフボード上でオール(パドル)を使って漕ぎながら海上を移動する乗り方がされるようになり、サーフィンのように波に乗るだけではなく、風や波のない穏やかな水上を長距離移動することも可能なことから、様々な楽しみ方が生まれています。

 

サーフボードはサーフィン用の物よりも大きめで安定感のある物で、初めてでもボードの上に立つのはあまり難しくないので、子供から老若男女問わず誰でも楽しめるマリンスポーツなんです。

 

海上をすべるように進むシーカヤックに近いですが、SUPはボードの上に立ったまま進むので視線が高い分遠くまで見通せて開放感満喫できそうですね。
過去に1度だけ湖でウィンドサーフィンに挑戦したことがあるのですが、その日はそれこそ風も波もなくウィンドサーフィンといってもただ立っているだけでした。
( 風があったら水中に落ちまくっていたかもしれませんが。)

ウィンドサーフィンをする事を諦めて、ふと周りに目が行くようになった時、足下の水面下の様子が手に取るように見えて、まるで水面上に直接立っているかのような不思議な感覚になりました。

そして沖へ行くにつれて視界が開けて何とも心地良く、このまま立ってるだけで何これ楽しい〜!でした。

残念ながらこの時はパドルはなく手で漕いで移動(結構大変だった)でしたが、あの時パドルがあったら正にSUP?!
実際、近くをボートが通りかかった時、「そのオール貸して〜!」なんて思ってた。
うん、SUPにハマる人の気持ちメチャメチャわかります〜〜!

 602b15e6cca1a7f01874f4fb73c16cd7_s

沖縄で体験できるSUP 楽しみ方いろいろ

日本でも海で川で、湖でと海水、淡水問わずSUPを体験できる場所が増えてきました。

沖縄の海でのSUPの楽しみ方もいろいろ。
インナーリーフを海上散歩
マングローブの森を抜けるジャングル探検や自然観察。
青の洞窟など歩いては行けない海岸線の地形や洞窟探検
無人島に上陸するツアー
早朝、朝陽を浴びながらのサンライズSUP、夕刻のサンセットSUP
SUPそのものを楽しむだけではなく、他のアクティビティと組み合わせての楽しみ方も日々広がってきています。

シュノーケリング
釣り
サーフィン
SUPは安定感のあるボードとはいえ、水面に浮いているのでただ立っているだけでも体幹を鍛えられます。
また、パドル1本を左右に体を捻って漕ぐのでシェイプアップやダイエットが期待できます。

更に、田中律子さんなど芸能人の方がインストラクターとして活躍しているボード上で行うヨガ、「SUPヨガ」も人気がありますね。

 af40e6d3bdf51f0d6b0ba1a05bc9a521_s

スポンサーリンク

 

SUPを体験するにはどうすればよいの?

未経験者がSUPを楽しむには、体験ツアーに申し込むことになります。
SUPのツアーを企画しているショップも増えていますので旅の日程に合わせて選ぶことができます。

沖縄の海でSUP体験ツアーを探す

沖縄で開催されているツアーの主な行程

現地集合 (ホテルなどの送迎サービスの所もあり)
受付け、着替え
説明と練習 、ブリーフィング
海上ツアー
シャワー、着替え
精算後、送迎または解散

コースはSUPでやりたいことによって変わってきます。
受付けから解散まで短いもので1時間半位のコースから、半日コース1日コースと様々です。

料金は4000円位から中には1万円強のものまで、内容と時間によって変わってきます。

コース料金には、SUP機材一式、ライフジャケット又はウェットスーツ、マリンブーツ、ガイド講習料金、施設使用料、保険などは講習費用に含まれてる事がほとんどですが、申し込む前にどこまで含まれているか確認しておくと安心です。
大抵は、コース説明に明記されています。

SUP+シュノーケリングや釣りの場合、シュノーケルセットや釣り道具は含まれている場合が多いです。
また、体験中の写真や動画も含まれているコースもあります。
自分が体験している様子をあたりまえですが自分では撮れませんので、良いサービスですね。
【恩納村(本島北部)開催/約4時間】SUP &シュノーケリング|人気のSUPとシュノーケルの半日満喫ツアー (写真撮影付♪シャワー/ロッカー/駐車場 無料♪)

【読谷開催】話題のSUPを南の島で初体験!参加者の9割が初心者でも立って漕げる!



SUP体験で持参する物とあったら良い物

自分で用意していく物
水着、
帽子、
着替え、
タオル、
自分用のカメラ(防水機能のあるもの)

あった方が良い物

日焼け対策、日焼け止め (できれば環境にやさしい物を。)
帽子
ラッシュガード
飲み物

酔い止め  (基本的には風、波のない穏やかな海で行うので必要ないかもしれませんが、一日コースで海上に居る時間が長いときや酔いやすい方はあった方が気にせず楽しめますね。)

日焼け止めは、珊瑚や海の環境に影響を与えることがわかり問題になってきています。
SUPボード上で見た透き通るような海の色、水面から覗いた海の中の美しさを守るために、日焼け止めについて考えてみました。→ちょっと待って!その日焼け止め沖縄のサンゴの海に被害を与えているかも。
日焼け止めを塗る以外の対策方法を取ったり、与える影響を低くした日焼け止めや飲む日焼け止めなども販売されていますので、環境に与える悪影響を少しでも少なくできる対策を取りたいなと思うのです。

 

106834b6438f8e5b210f6fb3db50eda1_s

SUP体験を楽しむ時に注意したいポイント

穏やかな浅瀬で気軽に楽しめるSUPですが、海上の状況によってはツアーがキャンセルになったりツアーで行く場所が変更になったりします。

海況が悪い時に無理に行ってもストレスの元ですので、お天気の良い日に挑戦するくらいの気持ちの方がよいかと思います。

SUPは穏やかな浅瀬から沖へ漕ぎ出したり、海岸線を探検したりもします。
海の状況によっては、流されて大事故につながる危険もあります。

ガイドの説明をよく聞き、危険なポイントを抑えて安全に楽しみたいものです。

またポイントについてシュノーケリングなどをするときには、珊瑚礁などを傷つけないように配慮したいです。
浅瀬に無闇に入り込むのは岩場や珊瑚で体を傷つけることもありますし、危険な生物などとの接触で怪我の原因にもなります。

それに魚を呼び寄せるための餌付けは、生態系や環境のことを考えるとNGです。

それに、人の差し出す餌に我先にと群がる魚達の姿は恐怖です~~!
一時の興奮はあるのかもしれませんが、それは人のエゴで魚たちの本来の姿を見ているのではないのです。

ツアー業者の方で観光客を喜ばすためのサービスとして餌付けをなさっている場合もありますが、やっぱり素のままの魚たちの姿の方が癒されます。

そんな環境にも配慮したショップさんやツアーに参加したいな!と思います。
おすすめのショップを見つけましたら、お知らせしますね!

 

沖縄の自然に出会いたいのでしたら、ありのままの姿を楽しむようにしたいですね。

沖縄の海でSUP体験ツアーを探す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まとめ記事

ページ上部へ戻る